『Sugar Beak』へようこそ

★当ボーカルスクールは、自らの声を武器に、歌で未来を切り開いていく世界観持つ、ボーカリストを育てます。


■真のボーカリストは『二大巨頭を学べ!』

・私の知る限りこの二大巨頭は 、 『チェザリーメソッド』を監修したグロリアラッシュであり、
『Speech Level singing 』を考案したセスリグス です。

チェザリー? セスって・・? 何?誰? 初耳だ!
というボーカリストがいるなら、今からでも遅くないので知って欲しい。そして自らが楽器であることを感じ、
これら最強のメソッドをまず学ぶべきだと思います。

また、現状の発声において「違和感やトラブルがないか」、「無理や無駄な身体の使い方をしていないか」、
「上部だけの練習で自己満足していないか」等、よく俯瞰して欲しい。
洋楽はもちろん、何を歌うにせよ基本的な発声機序を"この2つのメソッド"で、ほぼ網羅できると言っていい。
勿論、3つ目に挙げたい優れた教材はいくつかありますが、長くなるのでそれはまたの機会に・・

そして、貴方がこれらのメソッドを知らず、 毎日あくせく何時間も発声練習をし、
思った成果がでない!高い声が出ない !声域が伸びない !ボリュームが出ない! 息が続かない!
ブレーク(ひっくり返り、割れ) を起こしてしまう! すぐに喉が痛くなる!

など一つでも感じたことがあるのならば、
練習方法が合っていないか、それだけではなく、喉を痛めてしまう可能性もあります。そうなっては遅いのです。
練習の過程で、今持っている悩みや不安、出来ないと限界を感じている事は、これらのメソッドを知り、
学んでいく事で、霧が晴れるようにきっとクリアになるはずです。

■『なぜ、あなたは歌うのか!』


質問です。 どうしてあなたは歌いたいのですか?

ダンスじゃダメですか? テニスも格好いいし、バイオリンを奏でるのも素敵だし、お菓子作りも魅力的だし、
済んだ空気を感じ、山道のトレッキングも健康にはいい。せっかく大切な時間を使うのです。
本当に「歌」でいいですか?

何かに迷っているうちは、中々成果を得れないかもしれません。
しかし、迷いながらもなぜか歌に惹かれ、真摯に歌に向き合いたい気持ちがあれば別だと思います。
寧ろ、その気持ちを大事にして欲しいと思うのです。自身の「唯一無二の声」を使って、届けたい事を届けたい人へ、届けたい所へ発信して欲しいと思うのです。

皆、誰しもがメッセージを持って生まれてきているはずだと思います。その術が、歌であり音楽なら、その見つけた世界で、是非自分らしくデザインをして歌って欲しいのです。

■『これ以上はもう、無理なのか・・』


私が歌を始めた20代、大手のボーカルスクールで学びました。
個人活動では、ソロやユニットを組み、歌仲間と沢山のクラブや、 ライヴハウス等のステージに立ちました。
時には、その時代を牽引し、メジャーで活躍するsingerの収録スタジオに立ち会い、
傍らでその輝きや、オーラに魅了され、憧れも持ちました。

もっと、自分も歌が上手くなりたい。もっと技術を磨きたい。
そうすれば、いつかは、自分も同じ様なステージに立てるのではないか?
キラキラしたステージで歌うのはどんなに素晴らしい事だろうと。

しかし、現実は甘くはなかった。
大勢で合宿レッスンをした事もありました。
自分より歌が上手く、ダンスも出来て、華がある人は本当に沢山いました。

なぜ、この子がデビューできないんだろう?とライバルながら、首を傾げたことも。
そこでは、貴重な体験もできましたが、何かに違和感を感じ、長くは続きませんでした。

私自身は、元々歌や音楽が好きで、
学生時代、大した努力もしていない割には耳が良い方なのか、音楽のテストの課題曲も聴けばすぐ、記憶し歌っていました。

取り柄はあまりなかったのですが、美術や創造、何かを描きイメージする事はとても好きでした。
今振り替えると、音楽や歌う事もそれに近かったのかもしれません。

例えば、音楽の時間に出される課題曲は皆一緒でも、音程やリズムを正しく歌う意外「音符に描けない心情」や「間」「声のトーン」(カラー)は自分でしか作り得ない。
誰にもマネは出来ないのです。
数学の様に一つだけの答えではない。
それ故、歌う事は他の何かより、好きだったのかもしれません。

大手スクールをやめた後、良いスクールがあると聞けば自分でレッスンカリキュラムを調べ、
実際にコーチに会いに行きました。
とにかく、関わるコーチがどんな声で、どんな信念を持って教えているのかに拘りました。

時には、歌が歌いたいのに、なぜか大きなスタジオに集められ、演技をさせられた事や、コーチが急に外人に代わり、英語のみのレクチャーでパニックになったり・・
洋楽やゴスペルを歌いたく、張り切って体験レッスンに行けば、なぜかJPOPだったりと。

自分の求めるイメージに近い事をやっているスクールは、限りなく少なかった。
寧ろ日本にはないのか?とさえ思いながら、歌を自己練習する中で、レンジ(音域)にも限界を感じていました。
またその過程で、独学で無理な練習をしたり、喉を酷使し続け、高い音も出にくくなり、よく声が裏返るようになりました。

■『 闇の中でみた 光・・』

そんな時、洋楽中心にソロも、chorusも教え、ライヴ実践もしているスクールに出会いました。
もう10年程前のことです。多くの実力ある先輩がいました。驚くほど皆、発声が素晴らしく、
どこか日本人離れしていました。
スクールに独自の世界観がありました。R&Bや、心地よい洋楽を皆が楽しんで歌っていました。
初めてそのスクールへ訪れた日、コーチは言いました。

「あなたが洋楽を歌いたいなら、別に先生が外人である必要はない。寧ろ同じ日本人であった方が、欠点に気づきやすく理解してあげやすい」と。

初めは意味が分かりませんでしたが、
いわゆるヨーロッパやアメリカ系の外国人等との体格差は勿論、共鳴、母音を含む言語の使い方の違い、またそれらが元々備わっている彼等には、私達に説明出来得ない事があると。

後は、迷いなくそのスクールで学ぶ様になりました。

当時の恩師は、 ロサンゼルスに渡り、
あのスティービーワンダーや mr. BIGのエリック マーティン等を教えていた、グロリアラッシュに師事し、そのグロリアラッシュ監修の「チェザリーメソッド」を、
日本人に分かりやすくアレンジした"mayukoメソッド"を教えていました。
このメソッドで「自分の本当の声」の概念が変わりました。

ー 音域が広がりました ー
ー 声のブレークも解消しました ー
ー 声にパワーが付きました ー
ー 音程が、それ迄以上に安定しました ー
ー 眠っていた深く豊かな声が出る様になりました ー
ー どこで声が鳴って(響いて)いるのか見えるようになりました ー

それまでの他でのレッスンでは、実践ばかりに特化し、広告ばかり大きく、細かな技術や理論、自分の内面や感覚に向き合う事は、ほぼ学べなかった。
このメソッドに出会い、自分のスキルの限界に、少しずつ光が差したのを覚えています。
とにかく、歌を諦めなくて良かったと。

時が流れ、そのコーチと数年ぶりに再開した際「あなたは歌を教えるべき、きっといい先生になる」
と言われたことをきっかけに、今こうして人に何かを伝えたい! 
教わったメソッドを、歌うことに行き詰まっている人に教えたい! 
「可能性に限界はない」という事を感じ、発声で困っている人に体感して貰えるよう
少しでもサポートしたい!と決意。

そして、メジャーシーン、マイナーシーン等に関わらず、ボーダレスで、
素晴らしい歌い手は、なぜ感動を誘うのか、思わず、その声に心惹かれてしまうのか。

『Sugar Beak』でのレッスンを通し、そんな事を自分なりに感じ、体現できるボーカリストになって欲しいと願います。

教材の一例

「mayukoメソッド」動画教材 /任意

  • ストレッチポールエクササイズ

  • 広々スタジオ!(上野校)

  • 歌唱練習♪

吉田 ナミコ さん


くみちゃん先生は意外に優しい先生です!
レッスンに少し興味を持ってて、歌うのが好きで初めてみて楽しく学べています。
レッスンを初めて日は浅いですが、レッスン受けていって自分がどうなりたいか、しっかり目標も立てて受けていこうと思ってます。

基礎の土台からしっかり細かく教えてくれるので、自分の声質と自分らしさをしっかり残した歌で、これから自分がどんな風に成長出来るか楽しみです!

くみちゃん先生も分からないところは何回も何回も嫌な顔しないで教えてくれて、ちょっと難しいところはわかりやすく言い換えてくれて、いっぱい褒めてくれるので、楽しいです!

Moon Jihoon さん

초보자도 안심하고 배울 수 있습니다
자신이 깨닫지 못했던 곳을 찾아주고 더욱 늘려줍니다. 방악 서양 음악 류큐 음악 등 다양한 장르에 안테나를 쳐주고 있으므로 식생활을 포함한 다각적 인 시각에서 조언을주는 재미있는 선생님입니다

ここでは、初心者からも安心して学べます!
自分の気付かなかった所を見つけてくれて更に伸ばしてくれます。
邦楽、洋楽、琉球音楽等様々なジャンルにアンテナを張ってくれいるので、食生活も含めて多角的視野からアドバイスをくれる面白い先生です。

chikayo さん

クミ先生との出会いは、とあるボイストレーニング教室のホームページからでした。
当時私は、数多くの教室のトレーナー紹介欄を見て回っていましたが、どれもこれもピンとくるようなものがなく・・
でも、先生の写真とコメントを見た瞬間。「この人だ!」と即決でした。
巷にあふれるような「楽しみながら一緒に上達」「みんなでワイワイ…」みたいな事は書かれていなかったと思います。
「やるなら本気で!あなたが本気なら、私も厳しくいきます。でも、絶対上達させます!」みたいな事が書かれていたような笑。

そして写真。なんだかフワッとした、可愛らしい、いかにもJPOP…みたいな感じのものが多い中。クミ先生の写真は本格R&Bを彷彿とさせるような。
とにかく「私が進みたい道は、これだ!」と感じました。
そこから先生と生徒として、そして先生がその教室のトレーナーを辞めてしまわれてからも、幸運なことに私は今でもお付き合いをさせていただいています。

時には先生として、時には共に歌う共演者として。先生の、”歌うこと”への飽くなき追求と愛は本物です。
今は子育てで忙しく歌から少し離れてしまっている私ですが、また自分の時間を持てるようになった時、更にパワーアップしているであろう先生に、また愛のムチをふるっていただきたいと思っています!

◆共演アーティスト、お客様の声

Mami さん


ソウルフルな声ってどんな声だろう?から始めたのがきっかけですが、「チェザリーメソッド」は、喉に負担をかけず体の深いところから、その人本来の声が綺麗に出せるようになります。
高い声が出るようになるので、音域も広がります。

クミさんのバンドのコーラスとして一緒に活動していましたが、Soul、R&B、funk、レゲエ等、どんなジャンルも自分のカラーを出しながら、低音から高音まで綺麗に歌いこなす声には聴き惚れてしまいます。
同じ発声を学んだおかげか、コーラスで合わせた時は歌っていても本当に心地よいです!
洋楽を歌いたい人には、リズムや発声、発音も良くなるので、とても勉強になるのでおススメです。

Mamiさん メモ


・ラテン、ソウル、R&B、JAZZが好き。
最近はボサノバ弾き語りで、懐かしい曲から、名曲まで、
オーディエンスが"ほっこりした気持ち"になって貰えたら!とカフェ、ライブバー等で歌っている。

【好きなアーティスト】
leyona、Corinne Bailey Rae、Sade、Norah jones、Ann Sally、Joyce等々

Yuta Kondo さん


クミさんとは、某ソウルバンドでご一緒させていただきました。
初対面の時からその圧倒的な声量とソウルフルな歌にやられました。
R&BやFUNK、SOULなどを高いレベルで歌える女性ボーカリストの方は今の時代少ないと思います。
あと怖そうかと思いきや、意外と優しい人です。

Yuta Kondo さん プロフィール


あのジャズ・ミュージシャン「菊地成孔」さん率いる、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENことDC/PRGに2017年より新ベーシストとして加入。
その容姿端麗さも上回る、疾走感あるベースプレイでライブを力強く支える。
その他、Bassist としてCMやテーマソング等に楽曲参加している。

Bassist
近藤佑太 from DC/PRG

https://t.co/WQyv3mY2lT

Nori from 爪跡 さん


クミさんとコラボしたのは何年前でしょうか?
「この曲でコラボして欲しい!」と声をかけられたのですが、選曲がなかなか美味しい。
ちゃんと此方を見てくれてたんだなぁと納得。
相手をちゃんと見るって大切で、レッスンとか特にそう。
良いレッスンができると思います。
お試しあれっ!

鈴木サエコ さん

「ジャズライヴ共演に関して」

同じジャズライヴでご一緒した時に思ったのは、R&B歌手のチャカ カーンやナタリー コールがジャズを歌う時と同様に、声のパワフルさを残しつつもジャズのリズムに乗った”気持ち良さ”をしっかりと感じさせる、そんな素晴らしいパフォーマンスでした。

「チェザリーメソッドについて」

チェザリーで発声を習うと、自然とリズム感も養われていきます。そして一般的に言うファルセットが裏声ではなくなり、地声のように太い声が出る様になります。

亮介 さん


私がクミさんと初めて会ったのは、もう10年以上前のことになります。
彼女について特筆すべきは、そのソウルフルな歌声だけではなく、音楽、そして歌に対する真摯な姿勢です。それだけは昔から変わりません。
妥協を許さず、常に真剣に音楽に向き合う姿から学ぶことは多いです。
一時は大手スクールの講師として生徒を持つ立場となりながら、さらなる知識の吸収と技術向上のため、彼女自身も師の下で研鑽を続けてきました。
そんな彼女がついに独立し、インストラクターとして発声、歌を教えるというのです。ワクワクするじゃないですか。
いったいどんなすごいボーカリストを育ててくれるのか。私は今から楽しみでしょうがないのです。

亮介 さん メモ


⚫2005年 ヴァイオリン奏者 GENを中心にした、 Hip Hop、 Classic、Popsのクロスオーバーによる、
新感覚ユニットDur moll (ドゥア・モール)のアルバム『Melodia』の「アイノテノヒラ」、
「Melody」に共にchorus参加。

 ※ https://youtu.be/6ytjpKHaApQ /「アイノテノヒラ」

Tarock(タロック) さん

過去のボクは、それなりに自信を持って歌ってきましたが、喉の使い方や呼吸法、声(息)の方向(前後や上下や縦横)などといった事を意識することで、歌(声)は見違えるほど変わりました。
そういった事を楽しく学べるボイストレーニングと、自身の主観的部分と、客観的部分の情感をリンクしてくことが、素晴らしい歌い手の近道なのではと思います。
音楽に対する向き合い方はもちろんのこと、声に対する高い意識、そして素晴らしい音楽的センスと情感の持ち主であるクミ(Idia)というアーティストの歌声には強さ 、優しさ、弱さが溢れていて、どの感情にも説得力があります!

SAXOPHONE-P シンイチさん


歌が上手な方は、たくさんいますが、クミさんの海外アーティストのような雰囲気、貫禄を持っている方は、そうそういないと思います。
腹の奥底から出ているだろう、その声の力強さは、他のどの楽器も敵いません。
また、音楽に対して、こだわりが強い一方、少々、天然のところもありますが(笑)、そこはご愛嬌、ということで。

イカ さん


ボーカリスト、クミの歌を間近で聴いてみて!
女性のわりに歌声が力強く、低音が効いていて、迫力のある歌声です。
是非一度聞きに行ってみて下さい!

information

★「体験レッスン」や各レッスン内容で、ご不明な点があれば随時ご連絡下さい。


お支払い  

■お支払いは以下に対応しております。
お申し込み(お問い合わせ)フォームにて、
"レッスン希望日程"及び、"ご希望のお支払い"を明記下さい。

・PayPal/クレジットカード決済 
(初回、登録必要。既存利用の方は簡単決算でオススメです)
・銀行振り込み(手数料、生徒さん負担)
・現金払い

Contact Us   

■ vocal studio -Sugar Beak-

【 開校時間】
19:00~22:00/平日
13:00~20:00/土日

【TEL】03-6875-8810
【 E-mail】 sugarbeak.vt@gmail.com

■お問い合わせについて
「 お電話でのお問い合わせ時間 」
平日/19時~22時
土日・祝日/10~20時
※ レッスン中等は、対応致しかねます。
メールお問い合わせより、折り返しのお電話番号を明記の上ご連絡下さい。

powered by crayon(クレヨン)