■ スタジオ

■各スタジオ/徒歩1~10分圏内

【完全予約制】
・下記スタジオでは、ストレッチポールエクササイズは含まれません

  • ■渋谷・ 代々木・三軒茶屋・新宿・高田馬場 ・池袋・銀座・下北沢・赤坂・秋葉原

■【上野校】

・上野校では、全レッスン
「ストレッチポールエクササイズ導入」広々としたスタジオを使用!
 日比谷線「三ノ輪」駅から徒歩3分!の白が基調のオシャレでキレイなスタジオ♪

▼上野校『三ノ輪スタジオ』

〒110-0011
東京都台東区三ノ輪1-10-9 GATTINO 1階
スタジオ三ノ輪
●日比谷線「三ノ輪駅」3番出口/1b出口より徒歩3分!
【3番出口からのアクセス】
3番出口を出てすぐの横断歩道を渡り、ファミリーマートを正面に左方向へ。
1つ目の道を右折し、直進。
東泉小学校を過ぎ、2つ目の交差点を右折してすぐです。
【1b出口からのアクセス】
1b出口を出て国際通りを浅草方面に直進、
セブンイレブン手前を左折し、2つ目の交差点手前です。

【Theme ① リラックス 】

『なぜ必要か?』
・歌を歌ううえでなぜリラックスが必要なのかを、またどんな効果があるのかを学びます。

・上半身に力が入っている場合と、力を抜いたナチュラルボイスとの違いを聴き比べてみます。

▼ 具体的なエクササイズ内容
呼吸のレッスン1・腹式呼吸
呼吸のレッスン2・ブリージングエクササイズ
音源に合わせたエクササイズレッスン1・No.1ため息ボイス(ゆっくり)
音源に合わせたエクササイズレッスン2・No.2ため息ボイス(速く)

【 Theme ② 喉の開き】

『なぜ必要か?』
広い音域を歌うために、又きれいに声を響かせるために自然な喉の開きを学びます。

『どんな効果があるか?』
喉声の人や高音が出ない人には特に効果があります。
喉を開いた状態ですべての母音を均一に発声できるようになります。

・喉を閉じた状態と喉を開いた状態の二つの声を聴き比べてみます。

▼ 具体的なエクササイズ内容
呼吸のレッスン3・鎖骨の呼吸
呼吸のレッスン4・胸式呼吸
音源に合わせたエクササイズレッスン3・No.3母音の響き
音源に合わせたエクササイズレッスン4・No.4母音を揃える(a)アーウーオー
音源に合わせたエクササイズレッスン5・No.4母音を揃える(b)イーエーアー

【 Theme ③ 支え】

上半身のリラックスをキープして、喉の力も抜いた状態を保ちながら、では、どこで声を支えるのでしょうか?
ここでは、横隔膜の支えのポイントを見つけます。

『なぜ必要か?』
声が小さい・喉声になりやすい・地声で高音を歌うと苦しくなる人には効果があります。

『どんな効果があるか?』
響きのある大きな声や、きれいな高音が出せるようになります。

・支えられていない声と支えられた声ってどうちがうのでしょうか?
二つの声の違いを聴き比べてみます。

▼ 具体的なエクササイズ内容
呼吸のレッスン5・強い腹式呼吸
呼吸のレッスン6・背中の呼吸
呼吸のレッスン7・腰の呼吸
音源に合わせたエクササイズレッスン7・No.5横隔膜のスタッカート
音源に合わせたエクササイズレッスン8・No.6支えられた声

■『mayukoメソッドで歌う Soul・R&B ヴォーカル 』(CD付) 編著:池真柚子


ヴォイストレーナー池真柚子が考案した、日本人の欠点を克服するための完全な楽器としての体造り、その鳴らし方、メンテナンス法に焦点を当てたメソッド。

腹式呼吸と声を結び付け、お腹からの深い声を出せるように
体を鍛えることによって、本来一人ひとりが持つ、世界に一つしかない本当の自分の声
(ナチュラルヴォイス)が引き出せる。
□ 定価→¥ 2,160

■チェザリーボーカリシーズ

このCDをプロデュースした「グロリア・ラッシュ」は、このエクササイズを知る前、彼女は何人かの有名なボイストレーナーに教わったにもかかわらず、ほとんど声がでなくなってしまいました。

しかも声域は1オクターヴにも満たない状況に追い込まれてしまったのです。
歌をあきらめようとしていた矢先、グロリアは伝説のE.ハーバード・チェザリーが開発したメソッドに出会いました。
彼女の声はみるみる回復し、ついには5オクターヴの声域と思い通りに声をあやつる能力を身につけました。

その後、彼女は自分のように間違ったメソッドで声がでなくなった多くのボーカリストを助けるためボーカルコーチになりました。
そして、ついにアメリカを代表するボーカルコーチにまで上りつめました。

またE.ハーバード・チェザリーの教えを引き継ぐ正統な後継者になりましたが、残念ながら99年に永眠しました。

『このエクササイズはあらゆるスタイルのボーカリストに当てはめる』事ができます。
このCDに収録されているエクササイズはあの「スティービー・ワンダー」も絶賛しているものです。
また何百人ものグロリアの生徒に、このエクササイズの効果を試しましたが、皆例外なく上達した実証済みのものです。
彼女の生徒の中には
ハリエット・ショック
アフター7のケヴォーン・エドモンズ
ミスタービッグのエリック・マーティン
ミントコンディションのストック・リー
ニア・ピープルズ
ミッシェル・リー 
なども含まれます。

それぞれのエクササイズのはじめには、男性用、女性用それぞれのデモンストレーション(模範例)が収録されています。女性のパートはグロリア自身が担当し、男性のパートは、トム・ウインスローが担当しています。

「The VOICE of the MIND」


★ 真のボーカリストなら手にして欲しい1冊も、今や絶版となっている・・・

Bel Canto 唱法の伝説的名著 。
16世紀の終わりから19世紀の終わりにかけて、イタリアにはヴォーカルテクニックに閲するある理論があった。
それはその当時、最高の理論として隆盛を極めたが、音楽的な激変により失われてしまう。
この書物は、そのヴォーカルテクニックの理論的研究書(原理)である。
そのヴォーカルテクニックは、The Natural Voice(自然の声)と呼ばれたが、
20世紀も終わりになって、現代のアメリカのミュージシャンたちによって、再び奇跡的に甦ることとなる。
と同時にそれは、そのことによって、オペラからロックまで、ジャンルを超えて通じる原理であることが立証されたのである。

この伝説的な書物は1998年、今は亡き『グロリア・ラッシュ』により日本にはじめて伝えられた。

▼その他 /推薦ボイストレナー・教材

  • Seth Riggs

  • Seth Riggs 監修

  • Mark Baxter


  • Anne Peckham

  • Anne Peckham 監修

Seth Riggs /Singing For The Stars

「セス・リッグス」は、ロサンゼルスで最も尊敬されているオンデマンドのボイス・コーチの1人です。
彼はテレビエンターテイナーからハードロック・シンガーまで、誰もを助けました。 彼の方法は、つながれたトーンを開発することに焦点を当て、歌への自然なアプローチを強調します。
あるいは、彼がそれを「スピーチレベルの歌」と呼んでいます。 このインストラクションは、初心者から上級生まで、誰でも使用でき、付属の演習の2枚のCDが含まれています。 また、質疑応答では、マテリアルの選択、合唱の歌、練習レジメン、範囲、その他のボーカルアプローチやボーカルヘルスなどのトピックに取り組んでいます。 このマニュアルは効果的で実用的な優れた資料で構成されており、専攻学生はすぐに結果を見ることができます。 最後に、使用するのは簡単で楽しいです。

(内容)
・あなたの声の仕組み                 ・音声レベルの歌に向けて
・テクニックメンテナンス               ・あなたの声をあなたのために働かせる方法  
・著者は話す                     ・実践演習
・歌手の声の健康とケア                ・信頼の構築

■セス・リッグス
ロサンゼルスの有名なフォーラムでのコンサートの途中で、スーパースターのスティーヴィー・ワンダーは、数千人のファンの前で、彼のボーカルキャリアの成功と長寿に大いにかかわってきた男を認める。
Seth Riggsは多くの人にとって、世界で最も成功し、最も成功した音声教師であると考えられています。 彼は確かに忙しいです。 過去または現在の他の先生は、彼の驚異的な実績と一致したことはありません。 彼の生徒は世界中の歌手、俳優、ダンサー、エンターテイナーの真の "Who's Who"です。
Riggsは、世界中の大学のボーカルテクニックのマスタークラスを講義し、実施しています。 また、ボーカル療法(声帯結節、ポリープ、および線維化の様々な状態の排除)における声の有機および機能障害に特化した、国内有数の医師の支援を受けています。 時間がお金であるショービジネスの現実的な世界では、Seth Riggsは専門家が結果を求めています。

Mark Baxter/The Singers Toolbox


すべての楽器には、音声を含むメンテナンスが必要です! 国際的な顧客リストを持つ有名なボーカルセラピストのマーク・バクスターが発表したThe Singer's Toolboxには、あらゆるスタイルの歌手にとって必要不可欠な情報、演習、ヒントが満載されています。 事前のトレーニングは必要ありません。 これをあなたのDVDプレーヤーに入れて、あなたの声の仕組み - 明確な例とデモで、 あなたの声を強く保つための4つのステップ。 パフォーマンスのヒント。 ボーカルダメージを修復する方法について説明します。

■マークバクスター
歌うために生まれた人もいます。 マーク・バクスターは彼らの一人ではなかった。 彼はいつも望んでいた声(このウェブサイトへのイントロのすべての声はMarkだった)を達成するまで、彼は調査し、調査し、調査し、調査し、調査し、練習し、適用した。 ボーカル教師としての彼の価値は、彼の舞台体験、3000ギグと数えられること、そして異例の多様な訓練から均等に引き出す点で独特です。 ニュージャージーのカレッジで音楽の正式な訓練を受けた後、マークは様々なバンドで道を踏み出し、実際の教育を受けました。

マークは、数百のボイスレッスンを終え、さまざまな方法を探究し、西ドイツの機能的声財団のボーカル教授、神経筋メッセージ、栄養、アレクサンダーテクニック、指圧、リフレクソロジー、さまざまな心理的および視覚化技術を含む数多くのセミナーに参加しました。 彼は今では彼の分野で有力な権威とみなされていますが、彼は情熱をもって研究を続けています。

powered by crayon(クレヨン)